• トップ /
  • 家探しにおける交渉のコツ

フリーレント物件の交渉

家探しにおける交渉のコツ

家探しでフリーレントにするには

家探しで一番最初に決定する条件は家賃です。家探しで入居が決まると家賃や引っ越し代に加え敷金、礼金、契約金など予想以上の費用がかかります。礼金0など初期費用を抑えられる物件もありますが、その理由は入居者がなかなか決まらないことにあります。それらの物件には築年数の経過、間取りの使いづらさ、最寄り駅から距離があるなどの要因があるため、いくら礼金が0とは言え実際の生活で起こり得る不便さもよく考えて契約する必要があります。そこで初期費用を抑えるのに利用したいのがフリーレント物件です。これは入居後最初の1ヶ月、2ヶ月の家賃が発生しない制度で、適応されていると金銭的負担がかなり得になります。さらにこの制度は、物件が完成した時期が家探しのハイシーズンに重ならなかったり、部屋数の多い新築の物件でも契約を増やす手段として適応されることがあります。オーナーとしては入居者確保のために月々の家賃を下げてすでに入居している人と家賃の差ができてしまうことは避けたいため、値下げを月の家賃単位で対応することになります。フリーレント物件でないものも交渉によって適応される場合があるので契約の前にはまず確認することがおすすめです。不動産会社が地元に根づいていて個人オーナーとの関わりや信頼によって交渉の間に入ってくれることもあります。また交渉のタイミングとしては、入居の意思を明らかにしオーナー側も入居に向け手続きに取り掛かった頃で、必ず契約前に確認をします。オーナーとしてはせっかく決まりかけた入居者であれば、フリーレント物件にすることで空き部屋にする期間を縮められるため希望を叶えてくれる可能性が高まります。

↑PAGE TOP